ガス溶接 方法 ガス溶接器 加熱器 ろう付けの方法 オススメ初心者のろう付け | ガス切断器 圧力調整器 修理 藤井商店

ガス溶接 方法 ガス溶接器 加熱器 ろう付けの方法 オススメ初心者のろう付け

ガス溶接 お役立ち情報
ガス溶接

ガス溶接

ガス溶接

最近では得意な人が減っています。

しかし今でもガス溶接は行われています。

ガス溶接 とは

ガス溶接とはずばり、ろう付けのことです。

ガスバーナー ガス溶接器 加熱機を使い

ろう付けする技法です。

 

 

ガス溶接 に向いているモノ

・割れやすいモノや薄物に向いている

・溶接温度が低いので時間がかかる

ガス溶接 の特徴

・溶接部が見やすいため、溶接不良が少ない

・溶融点の低い金属の溶接に適する ・高温で溶接すると
割れてしまうような薄板の溶接に適する
高熱で割れやすいものや、薄板の溶接に適する
(厚板の溶接は長時間を要する)

 

アセチレンガスと酸素で母材を良く温めた上

ろうを母材同士の隙間に流し込む技法。

 

溶けて流されたろうは母材同士の隙間に

毛細管現象で張り付き冷えたときに

ろう付けが完了します。

ガス溶接 作業の利点

●ガス溶接は電気を必要としない現場でも溶接できる

●基本的に母材の加熱、溶融をナメ付け溶接が出来る

ナメ付け溶接

母材同士の金属を溶かしながら溶接する方法のこと。

ガス溶接で行うスポット溶接のこと

ガス溶接の欠点

●熱源としての温度が低く、溶接部の局部的な加熱が難しい

●母材の溶融に時間がかかる

●ひずみ発生が大きい

ガス溶接 の資格・技能講習

ガス溶接をするにはガス溶接技能講習を受けましょう

●ガス溶接技能講習 

表面的な事を教えて頂けますが

実際の作業は講習を受けた後

実践で、何度も失敗しながら覚えるのが普通です。

職場に先輩、指導者がいる場合速く覚えられます。

 

ガス溶接の火口 圧力調整器の圧力

ガス溶接 圧力調整 どのくらい

中型ガス溶接器の火口選択と圧力設定

火口No.火口穴径酸素ガス圧力標準白心長さ溶接可能板厚
50約0.7mm0.8MPa約7.0mm0.1~1.0mm
100約0.9mm1.2MPa約10.0mm1.5~2.0mm
200約1.2mm2.0MPa約12.0mm2.0~3.0mm

*アセチレンガス圧力は酸素のほぼ1/10

ガス溶接器 炎 調整方法

①点火直後 の炭化炎 ススが出ます

すぐに混合バルブを開けて酸素の調整をします。

点火直後の酸化炎

②調整中のやや炭化炎

不完全なので母材にススが出来る場合があります。

濁ったやや炭化炎 調整中

③調整中の標準炎 酸化炎(きれいな状態)

母材の大きさに合わせてこの状態を

大きくしたり、小さくしたりして

アセチレンや酸素の量を調整します。

 

良好な酸化炎

良好な酸化炎でろう付けしましょう

ガス溶接 良好な酸化炎で作業する理由

ガス溶接では、ろう付けにはススが大敵だからです。

ススが付いたところにはろうが流れ込みません。

そのためにきれいな標準炎にしておく必要があります。

ガス溶接 の 方法

1.母材を暖めてから、ろうを水たまり状態に

 なるように意識して作ってください

ガス溶接 ろう付けの方法

2.徐々に池を広げるイメージです。

ガス溶接 徐々に池を広げます

3.暖めたところ(白ずんだ所)にどんどん、

ろうを横スライドさせて貯めてゆきます

ガス溶接 暖めたところから池をつなぐ

これで、ろう付けが出来ます

ガス溶接 母材の磨きが大切

母材が厚いものはあらかじめ
母材を赤くなるまであぶって
中に含まれている異物を外に出す必要もあります
あぶった後冷ましてから良く磨いて下さい
母材の厚いモノは熱価を高くする必要があります。
母材が赤を通り越して白ズムまで加熱器で
熱する必要があります。
 

ガス溶接 技術の習得はトライアンドエラー

ガス講習を受けてもガス溶接はできません。

ご自身でトライアンドエラーして

周りに先輩がいれば教えて頂くのが

近道です。

ガス溶接は感性の技術ともいえます

ガス溶接 光に 注意

ろう付けの光が強いので 溶接面 を使用して下さい。

 

自動遮光面 
YESWELDER 溶接面 3.94″X3.66″広い視界 4アークセンサー 遮光度4/5-9/9-13 本当の色を映す ソーラーパワー 溶接面 自動遮光 アーク TIG プラズマ切断に対応 LYG-M800H

 

にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村

スプラップ無料回収

PAGE TOP