教科書のように分かりやすく解説【ろう付けの基礎知識】ろう材が溶ける温度 ろう および はんだの溶融温度範囲 | ガス切断器 圧力調整器 コンプレッサー修理 江戸川区【藤井商店】

教科書のように分かりやすく解説【ろう付けの基礎知識】ろう材が溶ける温度 ろう および はんだの溶融温度範囲

ろう付けの基礎知識 DIY

ろう材が溶ける温度のまとめ

 

ろう材が上手く付かなくてこまってます、、、
大丈夫!作業でつかう、ろう材の溶ける温度を確認してみましょう

ろう材が溶ける温度のまとめ

下記はろう材が溶ける温度をまとめたものです。

ろう およびはんだの溶解温度範囲

ろう およびはんだの溶解温度範囲

 

低温のろう材

はんだ、なまり、すずは低温のろう材です。

鉛入 ハンダの溶ける温度は180℃前後です。
銅などの金属が入ったハンダが溶ける温度は250℃前後

あまり高い温度で加熱すると
ハンダ付け(軟ろう)に失敗しやすいので、
温度の上げすぎには気をつけましょう。

 

そのほかのろう材はどのようなものか

リンクを張っておきました。

必要なかただけ参考にして下さい。

※専門的すぎます。

 

頭が痛くなりますから参考程度にしましょう。
ご自身の使うろう材に集中しましょう。

Sn-Pb

Sn-Zn

Sn-Ag

Sn-Sb

Cd-Zn

PB-Ag

Zn-AI

Cd-Ag

450度から溶ける温度が変わります

450度を境にぐっと

ろう材が溶ける温度が変わります。

 

先程の低温ろう材より

情報は多いですが、

やはり専門的です。

 

マグネシウムろう

アルミニウムろう

銀ろう

りん銅ろう

銅・黄銅ろう

ニッケルろう

金ろう

パラジウムろう

 

高温のろう材

ざっくりと知っておけば大丈夫です。

 

ご自身の使っているろう材が
他のろう材の溶ける熱価より上か下か
参考にすればOKです。

 

銀ろうは使いやすい熱価

450度から上を見ると

パラジウムろうが最も熱価が高く

マグネシウムろうが熱価がひくいです。

 

低いと言っても

マグネシウムろうは約600度ちかい熱。

 

よく使う銀ろうやリン銅ろうは中間あたり。

 

銅・黄銅ろうは中間より上あたり。

金ろうはやや難しい熱価

熱価が高い分

金ろうは難しい部類になります。

金が溶ける温度は1,064°です

アルミニウムろう マグネシウムろう もっとも難しい熱価

ここをご覧下さい

アルミ マグネシウム 溶解温度範囲

アルミ マグネシウム 溶解温度範囲

アルミニウムろう マグネシウムろうは

溶ける温度範囲が小さいです。

 

マグネシウムはアルミに近い特性です。

ろう付けはフラックスを使います。

 

アルミニウムは660.3度で溶けます。

マグネシウムは650度で溶けます。

 

溶かすには母材にぬれをつくらないといけませんが、

母材が溶けるか溶けないか ギリギリの範囲です。

 

一番難しいろう材でしょう。

 

近所のラジエーター屋さん曰く

うすい紙に水のしずくを垂らして 破れるか破れないかって感じだよ

毎度、息を止めてろう付けしている

との話を聞きました。

どのろう材でも慣れている人は
使いこなせます

 

実際には使うろう材によって
同じろう材でも亜鉛の成分が
異なっている場合があり溶け方も
若干変わる場合があります。

銀ろう付けおススメ道具

👇これは便利です👇
どなたか支給して下さいw
自動着火カセット

 

前のページ

 

 

👇ガス切断器 ガス調整器についてのご質問を受け付けております👇

返金保証有り

 

ガス切断器 ガス調整器についてのご質問

ガス切断器 ガス調整器についてのご質問

¥3,500~¥7,700

今すぐ購入する

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

\レンタルサーバー移転しました/
エックスサーバーかなり快適です ^^


 
\筆文字画像が無料です/

筆文字素材 フリー ダウンロード

 

 

にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村

PAGE TOP