アセチレンバーナー に LP用 プロパン の 火口 を 使用してはいけない訳 | ガス切断器 圧力調整器 コンプレッサー修理 江戸川区【藤井商店】

アセチレンバーナー に LP用 プロパン の 火口 を 使用してはいけない訳

お役立ち情報

アセチレンバーナーにLP用の火口を使用してはいけない訳

 

LP用の切断機に火を点火して火が付きにくいことはありませんか?

それは ガス の 燃焼速度 が原因です

プロパンガス(LP)はアセチレンより最低着火温度が高く 点火しにくい特性があります。

アセチレンは最低着火温度が低く 火がつきやすく 燃焼速度が速いガスです。

日本溶接協会より抜粋 http://www-it.jwes.or.jp/qa/details.jsp?pg_no=0070100060

その為プロパンガス(LP)用の火口はガスの燃焼速度に応じて火口先を改良して
歯車のような刻みを加工し 予熱炎を効率よく安定する役目があります。

LPガス用火口""

火が付きやすく改良してあるプロパン LP用の火口を
点火しやすい アセチレンの切断機に用いると
炎が内部に戻りやすい傾向にあります。
(アセチレンガスを使用した場合)

つまり効率の良いアセチレンのガスバーナーに
燃焼速度の速いガスの燃焼速度を さらに速めることになり
逆火の危険性が高くなるという事です。

逆に
プロパン用の切断機にアセチレン用の火口を付けると
予熱炎は切断火口からのガスの流速に押し流され
火口から離れた位置で安定するか
もしくは吹き消えて非常に操作性が悪くなります。

まとめ

アセチレン切断機にはアセチレン用の火口を使用しましょう。

プロパン用の切断機にはプロパン用の火口を使用しましょう。

厳密に言うと切断機の中身の構造が異なります。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

\レンタルサーバー移転しました/
エックスサーバーかなり快適です ^^


 
\筆文字画像が無料です/

筆文字素材 フリー ダウンロード

 

プロパン用 の 切断機の修理 は 藤井商店 にお任せ下さい

 

お問い合わせ

銀ろう DIYでのかんたんな銀ロウ付け 初心者 オススメ道具編 | ガス切断器 圧力調整器 コンプレッサー修理 江戸川区【藤井商店】
DIYでの かんたんな 初心者 銀ロー付け 道具編今まで技術の事に関して述べてきましたが、いきなり家庭で銀ロウ付けと言っても無理がありますね。火を使うのでそれなりの準備が必要です。ぼくはマニアックですが、 電気溶解炉を使って銀ろう棒を精製し...
弊社ではガスバーナー ガスゲージの修理講座
はんだ付け、銀ろう付け講習を行っておりますので
ご興味のある方は是非ご参加ください。
(丁寧に指導します。)
脱落者0人です。
 
お一人で悩まないでください

↓詳細はクリックしてください↓


銀ろう付け講座 個人指導します。

個別実施費用 16,500円(1日4~5時間まで)予約制

↓ご連絡ください↓

メールをする

無料駐車場あります

 
 
PAGE TOP