逆火したら0.3秒でバルブを閉めましょう やさしいガスバーナーの教科書 切断ガスバーナーを壊す要因 | ガス切断器 圧力調整器 コンプレッサー修理 江戸川区【藤井商店】

逆火したら0.3秒でバルブを閉めましょう やさしいガスバーナーの教科書 切断ガスバーナーを壊す要因

お役立ち情報

逆火 したときにはどのような対処がいいですか?

質問:逆火したときにはどのような対処がいいですか?

答え:逆火したら0.3秒でバルブを閉める訓練をしましょう。

逆火 は火口先端が閉塞された時に起こります。

逆火 したら0.3秒でバルブを閉めましょう

故障の一番の要因は逆火です。

ガスバーナーに逆火はつきものですが

対処方法で損傷が大きいか小さいかが分かれるところです。

逆火 0.3秒で明暗が分かれます

0.3秒は大袈裟ですが、そのくらい早く熱がこもります。

 

普段からバルブを早く閉じる訓練をしましょう。

熱がこもると銀ロー、はんだ、

中のOリングが焼け落ちます。

 

各バルブも熱で相当痛みます。

銀ロー、はんだ、中のOリングが痛んだ状態では

まともな火が出ません。

パチンと火が消えてシューっと音がしたら
すぐにバルブを閉じてください。

 

 

 

切断ガスバーナーを壊す要因 逆火

これは正確に統計を取ったわけではありませんが、
過去に何千本か修理した中、
修理票を見て感じたものです。

1.逆火の要因
2.火口の締めすぎ
3.アポロコックの締めすぎ
4.各バルブの閉めすぎ
5.ガスバーナーで切断の残り(ノロ)をたたく
6.切断機を誤って踏みつける

以上の要因でガスバーナーは壊れてしまいます。

真鍮製品ですから柔らかい金属と言うことを意識して下さい。

まとめ

逆火したときいち早くバルブを閉めましょう

  1. 高圧バルブを閉める
  2. 混合ガスバルブを閉める
  3. ガスバルブを閉める

基本操作、ガスを点火するときと逆の操作です。

また付け加えると、

ガスバーナーを使用するときには
バケツに入った水を用意しましょう。
仕事で夢中になっているかもしれませんが、
他の電気機械、ディスクグラインダー、電動工具と一緒です。
使いすぎはガス切断機をこわします。
 
頭器、火口が暑くなっているとガスが逆火し易くなります。

↓以下の記事も合わせてご覧下さい↓

ガスバーナー 使い方 パチン逆火の対処方法 バケツの水があなたを救う
バケツの水があなたを救う ガス取り扱い講習の時を覚えていますか?  カス切断をしている  あなたはガス取り扱い講習を  受けているはずですが 講習の内容を覚えていますか? ガス切断の作業するときに バケツの水を用意していますか おそらく覚え...
あまりにも逆火がひどいと
吹管の手元のハンダが溶けて火が噴き出します。

 

ゲージ 圧力計 PF1/4 0.25MPa アセチレン LPゲージ用 ヤマト産業

圧力計
ご覧いただきありがとうございます。

低圧の圧力計は
良く壊れます。

圧力計が壊れたら
交換が必要です。

外径Φ60
厚み30
全体高さ90
スパナ差し込み角 14
PF1/4ですので
茶色いパッキンが
別に必要です。

※シールテープは不可です。

ご覧いただきありがとうございます。
PAGE TOP