ガスバーナー ガス切断器 圧力調整器 修理 法定定期点検  | ガス切断器 圧力調整器 コンプレッサー修理 江戸川区【藤井商店】

ガスバーナー ガス切断器 圧力調整器 修理 法定定期点検 

溶断機の法定点検 お役立ち情報
溶断機の法定点検

あなたの身を心配してます

私たちはガス切断器 圧力調整器のしくみや

構造をご理解していただきたいため

情報発信しています。

 

情報から危険度合を読み取ってください。

 

一番は、間違った使用方法をしていて

あなたにケガをしてほしくない

この思いで続けております。

法定点検のお願い

ガス溶断機は火災や人身事故など重大な災害防止のため

法律で法定点検が義務付けられています。

労災事故があったとき責任が問われます。

ガス調整器 ガスゲージ法定点検は
1回目は5年目に修理業者で点検しましょう。
7年を超えるものは法定点検を受けましょう
 
ガスバーナー ガス切断機 ガス溶断器 加熱器法定点検は
5年を超えるものは修理業者で法定点検を受けましょう 
逆火防止器の法定点検は3年目を越える物です。
↓ 法定点検は江戸川区 (有)藤井商店でおうけしております ↓
法定点検

ガス溶断器の定期点検のお願い

ガス溶断機作業に使用する

圧力調整器や吹管(ガス切断器 ガス溶接器)などの

不具合に気がつかずに整備不良のままに使用したことが原因で

火災や人身事故など重大な災害が発生しています。

 

災害防止のため日常点検、メーカー定期点検などが必要です。

ガス溶断機具を安全にご使用頂くために
自主点検、メーカー定期点検を必ず実施して下さい。
 
可燃性ガス及び酸素を用いて行う金属の溶接、溶断又は加熱の業務を行う場合は、ガス溶接技能講習終了者あるいはガス溶接作業主任者の免許を有していることが必要です。
(労働安全衛生法第61条、及び執行令第20条)

ガス漏れの不良がある場合

製品にガス漏れ等の不具合がある場合は使用しないで、
メーカーに修理依頼をして下さい。
使用者が分解・修理を行うと、重大な事故が発生する原因となるため、絶対に行わないでください。
老朽化した圧力調整器や吹管(ガス切断器・溶接器)、
逆火を繰り返した吹管、ひび割れしたホースは
早めに新しい製品と交換してください。
 

点検対象ガス溶断器

  1. 酸素用圧力調整器(酸素ゲージ)
  2. 燃料ガス用圧力調整器(アセチレン LPゲージ その他可燃性ゲージ)
  3. 手動ガス切断器(ガスバーナー ガストーチ 吹管)
  4. 手動ガス溶接器 (ガス溶接機)
  5. その他(ホース、乾式安全器など)
溶接又は熱切断用のアセチレンガスの消費設備には、逆火防止装置(乾式安全器等)を設けてください。
(一般高圧ガス保安規則 第60条 第Ⅰ項13号、及び例示基準79、労働安全衛生総合研究所技術指針(JNIOSH-TR48:2017)

圧力調整器の点検

ガスゲージの点検方法はの詳細は、

各メーカーの取扱説明書をご参照いただくか、

または各メーカーにお問い合わせください。

点検項目 1日1回、作業前に必ず点検をしてください。

定期点検は、次の点検項目で実施をお願い致します。

点検項目 日常点検 毎月の
自主点検
外観
外部漏れ(気密確認)
出流れ(気密確認)
使用圧力範囲の確認  
圧力低下の確認  
 

 

ガスゲージ7年でのメーカー定期点検

ガスゲージは7年でのメーカー定期点検

又は、交換を推進します

外観は大丈夫
ガス漏れは無し!
日常点検でこれが大切です。

5年目以降のご使用について

ガス切断器・溶接器・加熱器の定期点検は5年です。

平成29年8月、労働安全衛生総合研究所技術指針(JNIOSH-TR-№48:2017)により、製造年月から
5年を超えるものは、 メーカーまたはメーカーが認定する事業所(者)によるメーカー定期点検をして
下さい。あるいは新品への交換をお願いします。

製造年月の表示については、メーカーの取扱説明書などで

表示方法や表示位置をご確認ください。

表示が不明な場合は、メーカーへお問い合わせください。

点検を怠った時の危険性

点検を怠った時の危険性
点検を怠った場合、
「ガス漏れ事故、逆火事故、破裂事故」等の危険性があります。
特に酸素の場合は、次のような危険性があります。

 

フィルターがゴミや異物で目詰まりしていると

操作を間違って容器弁を急激に開いた場合、

酸素の断熱圧縮熱により圧力調整器が発火・燃焼することがあります。

 

断熱圧縮熱とは、ガスを断熱的に圧縮したときに
発生する熱のことです。
酸素ガスの場合、大気圧から15Mpaに急激に圧縮すると、
圧縮熱は約1000℃にもなります。
急激に酸素ビンのコックを開けることは危険です。
酸素便のコックはゆっくり開けましょう

フィルターの目詰まり以外

フィルターの目詰まり以外に、下記の様な場合でも断熱圧縮熱で発火・燃焼することがあります。

①油、グリースが付着した場合
②酸素専用の調整器を使用しなかった場合

 

高圧酸素の場合取り扱いの注意が
特に必要です。

乾式安全器の法定点検は3年

逆火防止器について

乾式安全器は3年を超えるものは
メーカーまたはメーカーが認定する事業所(者)によるメーカー
定期点検をして下さい。あるいは新品への交換をお願いします。

ガス切断器・溶接器・加熱器の点検

☆点検方法はの詳細は、各メーカーの取扱説明書をご参照いただくか、または各メーカーにお問い合わせください。
点検項目 1日1回、作業前に必ず点検をしてください。

定期点検は、次の点検項目で実施をお願い致します。

点検項目 日常点検 毎月の
自主点検
外観
外部漏れ(気密確認)
出流れ(気密確認)
使用圧力範囲の確認  
圧力低下の確認  

7年でのメーカー定期点検

ガス切断器・溶接器・加熱器は

7年目以降のご使用について

平成298月、労働安全衛生総合研究所技術指針(JNIOSH-TR-№482017)により、製造年月から7年を超えるものは、
メーカーまたはメーカーが認定する事業所()よるメーカー定期点検をして下さい。あるいは新品への交換をお願いします

製造年月の表示については、

メーカーの取扱説明書などで表示方法や表示位置をご確認ください。

表示が不明な場合は、メーカーへお問い合わせください。

 

江戸川区 藤井商店ではガス溶断機、法定点検をしております。

[contact-form][contact-field label=”名前” type=”name” required=”true” /][contact-field label=”メール” type=”email” required=”true” /][contact-field label=”サイト” type=”url” /][contact-field label=”メッセージ” type=”textarea” /][/contact-form]

👇ガス切断器 ガス調整器についてのご質問を受け付けております👇

ご返金保証有り

 

ガス切断器 ガス調整器についてのご質問

ガス切断器 ガス調整器についてのご質問

¥3,500~¥7,700

今すぐ購入する

タグ
#ガスバーナー, #ガス切断器, #圧力調整器, #修理, #法定定期点検, #メンテナンス, #安全装置, #資格, #ガス機器, #溶接,

 

にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村

エアコンプレッサーのマグネットスイッチで
お困りではありませんか?

ネットでは色々とマグネットスイッチが出ていますが

もしあなたが電気に詳しくなければ手を出さないで下さい。

中には配線図しか書いてありません。

読み解く事は簡単ではありません。

藤井商店では詳しい解説書付でお届け致します。

※間違った配線は火事になります。

ご自身のご使用になっているマグネットスイッチが分らない場合は

下記までご連絡ください。

お問い合わせ

三相200V 3.7kw用マグネットスイッチ 三相200V 2.2kw用マグネットスイッチ 三相200V 0.75kw用マグネットスイッチ

PAGE TOP