ガスバーナー 種類 特徴 | ガス切断器 圧力調整器 コンプレッサー修理 江戸川区【藤井商店】

ガスバーナー 種類 特徴

ガスバーナーの種類 特徴 お役立ち情報

ガスバーナーの種類

ガスバーナーには目的に応じて

いろいろな種類があります。

大きく区別すると

1.カセットガスバーナー

2.キャンプ用ガスバーナー

3.工事用、工場用ガスバーナー

があります

広く総称されて【ガスバーナー】と呼ばれています。
どれもガスバーナーやガストーチと言いますので
わかりづらいのが現状です。

ネット検索では

試しにネットで検索してみると

下記の順位での記載が多いです。

1.カセット
2.キャンプ用
3.工事用、工場用

世間で認知されている

順番なのかもしれません。

手軽なガスバーナー ガストーチ

カセット式ガストーチはガスコンロ用にも使われる

ガスバーナーでセットがし易く

持ち運びやすいのが特徴です。

 

用途は幅広くキッチンの料理から

アウトドアーなどガスが持ち運べない場所にもつかえます。

 

DIYでも固着したボルトを外す、

銀ろう付けにも使用できます。

カセットガスバーナー 業務用

業務用ではキッチンの料理の現場で

お肉の焦げ目を造る、お酒の仕上げに使うなど

カセットガスバーナーが多く使用されています。

カセットガスバーナーのメーカー

メーカーも多く製品を作っています。

・新富士バーナー SOTO(ソト)

・イワタニ

などが多く製品を出しています。

カセットガスバーナーは便利ですが、
ガスの火の大きさは一定以上調整できません。
一般的には工場、工事現場、製作品工房以外は
大きな火を使わないのでカセットバーナーで充分です。

シングルガスバーナーのメーカー

キャンプ用品ではシングルガスバーナー

として多く出回っております。

主にストーブという扱いです。

・新富士 SOTO(ソト)

・イワタニ

・キャプテンスタッグ

燃料の中身はLPガスかホワイトガソリンになりますが、

圧倒的にLPガスのカセット式が便利です。

こちらにはキャンプ用の道具が沢山掲載されています
Outdoor Style サンデーマウンテン

工業用ガスバーナー

工事で使う業務用はLPガスバーナーを使うことが多いです。

カセットガスバーナーに比べると

はるかにガスボンベが大きいですが、

強い火力が得られます。

多くは道路のアスファルトを熱したり、

建築現場、工場などで鋼材を熱したりすることに

使われています。

ガスバーナーは暖めるだけではない

ガスバーナーは熱するだけではありません。

ガス(LPガス アセチレンガス 水素ガス)に酸素ガスを

加えると高熱を発します。

鉄などを酸化熱で熱して更に高圧の酸素を吹き付けて

鋼材を楽々と切断することが出来ます。

解体現場や、建築現場で多く使われているのは

ガスバーナー【ガス切断機】です。

オススメのA型切断器

広く総称されて【ガスバーナー】と呼ばれています。

 

 

にほんブログ村 住まいブログ DIYへにほんブログ村

 
 

にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村

 

コンプレッサーの【圧力計】が壊れたら迷わずこの部品です 日立純正品 取り付け部1/4 10気圧 14気圧対応

日立 コンプレッサー 圧力計
ご覧いただきましてありがとうございます。

コンプレッサーの圧力計が壊れて
お困りではありませんか?

日立純正品です

今までベビコンをご使用の方には
間違いなく取り付けられると思います。

部品注文、間違いの不安がありません

取り付け部は1/4です。

常時在庫しておりますが、
店舗での取引等
在庫を切らした場合
4~5営業日かかる場合があります。

ご覧いただきましてありがとうございます。
PAGE TOP