ガスバーナー 内部分解 かんたん インジェクター外し | ガスバーナー ガスゲージ 修理 講座 実習 | ガス切断器 圧力調整器 コンプレッサー修理 江戸川区【藤井商店】

ガスバーナー 内部分解 かんたん インジェクター外し

ガスバーナー 吹管
インジェクターを外す

 

ガスバーナーの混合バルブ(針弁)はインジェクターとの
密閉によって気密が保たれている。

混合バルブ(針弁)に傷があると密閉が保たれない為
ガス漏れを起こします。

事前にかんたんなインジェクター分解ツールを
作っておくと非常に作業が楽です

修理の方法

修理には

1.混合バルブ(針弁)を外す
2.インジェクターを外す

インジェクターは特別な治具で分解しないと外れません。

※特殊工具ですがかんたんに自作できます。

 

インジェクターのかたち

インジェクターのサイズは真上から見ると
四角形である
メーカーや年式によってさまざまな大きさが
あるので事前に分解ツールを用意しておきたい。

大きさは
7mm×7mm
6.8mm×6.8
6mm×6mm

インジェクターのねじ部はM7×1.0が多い

ハンシン製品は6角なので
ボックスレンチの市販品10mmソケットを加工して代用する

↓インジェクタ分解ツール製作↓

詳細記事を見てみる

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

メーカによってインジェクターの大きさがまちまちなので
何種類かツールを製作しておく。

 



インジェクターを外した後は混合バルブ(針弁)とのすり合わせをする

針弁 混合バルブの研磨

分かりやすく解説 ガス漏れ修理 ガストーチ ガスバーナー 【針弁の研磨】
針弁の研磨には【旋盤】か【卓上ボール盤】を用いる。※卓上ボール盤で挟んでぶれるなら、旋盤を導入する。混合バルブからガス漏れがしている針弁は針弁の段付き、劣化、傷が原因であるので旋盤で挟んでやすりで削って傷を取り、再度きれいな針を作る。つるつるになるまで段付きを削る。目視で針弁に黒い傷、線はまだダメな状態。 旋盤で研磨

 

にほんブログ村 住まいブログ DIYへにほんブログ村

 
 

にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村

 

ガス切断器 圧力調整器 コンプレッサー修理 江戸川区【藤井商店】
PAGE TOP