炭酸ガスゲージの使い方 | ガス切断器 圧力調整器 コンプレッサー修理 江戸川区【藤井商店】

炭酸ガスゲージの使い方

知らないで販売する業者 ガスゲージ
こんにちは はじめまして!
江戸川区 有限会社 藤井商店
藤井直樹と申します。
@fujii_shoten
藤井直樹
江戸川区で中古機械販売
コンプレッサーの修理
ガスバーナーの分解修理を
専門に行っています。

炭酸ガス流量計の選び方と使い方

 

炭酸ガスゲージは流量計です。

 

炭酸ガスは、大気中に開放すると
-60℃まで冷えることをご存知ですか?

そのため、炭酸ガス流量計には、凍結を防ぐために
ラジエーターやヒーターが付いたタイプがあります。

 

用途に合わせた流量計選びが重要!

炭酸ガス流量計は、飲食店で使う
ビールサーバー用から、
工場の溶接に使う業務用まで
様々な種類があります。

 

このページでは、
溶接に使う炭酸ガス流量計について解説します。

 

流量範囲にご注意を!

溶接用の炭酸ガス流量計には、
通常25L/minまたは50L/minの
流量管が付いています。

50L/minを超える流量が必要になることは
まずありません。

古い機種には100L/minの流量管が
付いている場合もありますが、
半自動溶接で100L/minもの流量を
使うことはないので、
宝の持ち腐れになってしまいます。

流量計の役割はあくまでも
設定した流量を維持することであり、
流量を大きく変動させるための
ものではないからです。

100L/minもの急激な流量変化は
溶接品質に悪影響を及ぼす
可能性があります。

橋脚工事で外で溶接する場合は
風などの影響で風防対策が必須であり、
容量の大きな炭酸ゲージが必要です。

扱いがわかっている
熟練の職人さんは
100L/minの炭酸ガスの調整を
無理に上げることはしません。

具体的な溶接技術は
👇こちらに記載があります。👇
こちらを読んでいただけますと、
100L/minもの流量というのは
特別な溶接と言うことがわかります。

溶接情報センター

ここから通常の半自動溶接は
50L/min以内で
充分と言うことがわかります。

 

溶接条件の見直し:

使用する溶接電流、
溶接速度、シールドガス流量などの
溶接条件が適切でない可能性があります。

溶接条件を見直すことで、
現状の流量で対応できる
かもしれません。

ノズル径の変更:

より多くのシールドガスが必要な場合は、

ノズル径を大きくすることで
対応できる場合があります。

使用する溶接電流、
溶接速度、シールドガス流量などの
溶接条件に最適な流量計を選びましょう。

ガス流量計の故障:

流量計が正常に動作していない
可能性もあります。

流量計の交換が必要となる
場合があります。

いずれにしても、
100L/minもの流量変更を行う場合は、
安易に流量計のハンドルを
操作するのではなく、
まずは原因を突き止め
適切な対応策を
検討するようにしてください。

不明な点があれば、
溶接の専門家に相談することをお勧めします。

 

流量調整

50L/min以上の流量が必要な場合は、
二重シールドなどの大容量の
炭酸ガスゲージが必要となります。

流量計本体のガス調整器内の
圧力を上げて調整します。

流量はフロート管内のパチンコ玉のような
鉄玉の上下で確認することが出来ます。

フロート管の真上にぶつかるまで
炭酸ガスの流量を上げません。

炭酸ガス吐出はの
量のつまみで調整しますが、

通常の半自動溶接機では
そこまで必要しません。

ガス溶接を行う方、販売する方は、
このことをしっかりと理解しておきましょう。

ポイント

 

  • 炭酸ガスは急激に膨張すると-60℃まで冷えるため、凍結防止策が必須
  • 溶接に使う炭酸ガス流量計は、25L/minか50L/minの流量で十分
  • 流量が多い場合は、流量計本体のガス調整器で圧力を調整する

 

使用者 販売業者が
炭酸ゲージの扱いを知らないのは問題です

修理屋

ぼくは修理業者です。
O2ゲージ、ACゲージ、アルゴンゲージ、
H2ゲージ、CO2ゲージの分解、修理が得意です。
カス切断器,ガス調整器の改造まで
手がけています。
ガス溶断器、内部の部品にまで
学習しています。

勉強していないと
修理屋は出来ません。

部品構成など難解なので
修理屋になるほどは
覚えなくても良いです。
半自動溶接機やアルゴン溶接機を使う人は
炭酸ゲージの基本的な
取り扱いを知っておくべきです。

 

またこの工場に販売したガス業者も
炭酸ゲージの基本的な取り扱いや
しくみを知っておくべきです。

 

誰も知らない炭酸ガス調整器

 

炭酸ガスゲージの修理を受けました。

通常の工場で使用するタイプで
程度が悪い100L/minの
流速管が付いている物でした。

※流速管は上限の鉄球が当たる部分の
プロテクターが劣化して
割れている状態でした。

機種を確認して
100L/minの流量は必要ないと
判断しました。

 

売っているだけで、使い方を知らない 炭酸ガス調整器

 

あまりにも程度が悪いので、
自社にあったまともな物(50L/min流速管付)を
整備して出しました。

 

ところがクレームがきました!

何のクレームかと思いました。

理由を聞いてみると”100L/minの流速管がついていない”
とのことでした。

知らないで販売する業者

お客様も販売業者もその知識がなく、
ただ見た目が同じものをという理由で
クレームになってしまったのです。

これには唖然としました。

色々取次業者さんと
やりとりをしましたが

直接使用しているお客さまに
話が伝わるわけではないので、
この修理はこちら側でキャンセルしました。

 

結論

 

  • 直接使用しているお客さま
  • 販売商社
  • 取次商社

だれも使い方、仕組みを知っていないと言うことになります。

使い方を知っていれば、
取り次いだ販売店のどこかで
この調整器を使用している人に
説明できたわけです。

 

この経験から、改めて
半自動溶接機ユーザーだけでなく、
販売業者も炭酸ガス流量計の
基礎知識を持つことが
重要だと感じました。

 

タグ
#炭酸ガス流量計
#溶接用流量計
#流量計 選び方
#流量調整方法
#炭酸ガスゲージ
#晶元光電

もット詳しく見る

 

 

コメント

PAGE TOP