酸素ゲージ 価格 激安 発想の異なる 酸素ゲージ | ガス切断器 圧力調整器 コンプレッサー修理 江戸川区【藤井商店】

酸素ゲージ 価格 激安 発想の異なる 酸素ゲージ

お役立ち情報
外国製の 酸素ゲージ

酸素ゲージの修理 改造のご依頼

良く大手のサイトで見る酸素ゲージです。

非常に興味がありました

昨年何件か外国製品のゲージを触らせていただきました。

自分で買って分解しても良いかな?
とも思っていましたが、
その酸素ゲージを購入して困っているという事で持ち込まれました。

外国製の酸素ゲージ

何が困るかと言うと

日本と酸素ビンの取り付けのナットの形状(大きさ)が違うのです。
足ねじの形状まで異なっておりますので
そのままでは取り付けられません。

足ねじごと交換になりますが、
足ねじ自体も日本の規格と全く違います。

発想の異なる 酸素ゲージですね。

まず手に取った印象は

1.異常に軽い

2.ねじの取り付けごとにロックタイト

(液体シール)ねじ止めが使用されている

とにかく軽いのにはびっくりしました。
大体700グラムでしょうか?
ちなみに日本製、小池酸素製品は1,800グラムでした。
(母材が真鍮ですから当然でしょう。)

外見からプラスチック部品が多いのと
アルミ部品が多いのだと判断しました。

まずどう分解するのか悩みました。
通常上蓋を支点にして足ねじは分解しますが、
上蓋がプラスチックなので
割れるのが怖くて
分解用の治具に挟めませんでした。

幸いにしてロックタイトがそれほど効いていないのか
すんなり外れましたが、
それほど軽く外れるという事は
高圧に耐えられないのではないか?

作戦としては

今まで取り付いている
酸素ゲージ本体の足ねじを切って
国産の足ねじを溶接するという事を考えました。

旋盤に咥えて取り外した外国製の足ねじを
切ってみると、、、、
ここだけはなぜか鋳物で製作されていました。

ここでも嫌な予感が、、、

鋳物と真鍮の溶接は相性が悪いのを思い出しました。

旋盤で面を整えましたが、
真鍮ばかり削っている身としては
固くて、旋盤の刃の研ぎなおしを覚悟しました。

続く、、、

 

ガスゲージ 激安 発想がちがう!酸素ゲージ Part.2
発想がちがう!酸素ゲージ Part.2 ↓動画をご覧ください↓   先日、日本に適するように改造してほしいと ご依頼された酸素ゲージです。 分解しながら検証しましたが、 各部品ともに低コストで仕上げられておりますので、 製品の価格の安さ...

 

 

直ぐに壊れるような作りですのでご購入の際は

覚悟ください

 

 

 
 
 

 

ツルミ 水中ポンプ HS3-4 【安心 動作確認済み

ツルミ 水中ポンプ HS3-4 【安心 動作確認済み

 

 

PAGE TOP